コネクツニュース

アメリカの荒野を5日間さまよった男性、木の実や虫を食べて自力で生還する

5 view
アメリカの荒野を5日間さまよった男性01アメリカ・モンタナ州の自然保護区域「セルウェイ=ベターロート・ワイルダーネス」で、馬に乗って家族旅行をしていたカデン・ラガさん(25歳)。家族の馬が足を痛めたことから、最も体力のあるカデンさんが代わりに歩いて登山口を目指すことにしました。ところが道を間違え、独りで荒野をさまようことになったのです。 5日も歩き続けたというカデンさんは、妊娠中の妻に「無事に帰ることを約束して」と言われたことを思い出し、川の水を飲み、木の実やコオロギで飢えをしのぎま 全文らばQ 08月22日 00時11分

ライブドアニュース - らばQのニュース